医療法人鴻伸会では、障害者の生活を支援するボランティア事業の立ち上げ育成を業務として行っています。
もちろん収入はありませんが、地域の企業やボランティア精神を持った人々と連携することにより、障害者も老人も住みやすい環境を目指しています。
 地域では最も市の中心部から離れた場所に病院を作った院長の精神を活かした活動の一環です。 現在では全国のお祭りに参加し、それぞれの地域で知られるようになった「寝たきりになら連」の始まりもここからでした。

 他にも、年数回不定期で行われるバザーや廃品回収の売上げを他地域の活動に寄付をするなど広範囲に取り組んでいます。

 又、院長は徳島県失語症友の会の会長も務め、ボランティアを中心に障害者も老人も楽しく暮らせる時代を目指して活動を続けています。